お尻や太ももにできてしまうセルライト。夏のシーズンに水着を着るときに気になりますよね。

テレビなどでよく有名人がセルライトを毎日潰してるなどと紹介されています。しかし、セルライトの潰し方を間違えると内出血やセルライトが大きくなってしまったりします。

今回は正しいセルライトの除去法とセルライトを潰すことによる効果を紹介していきます。

セルライトとは?

お尻や太ももなどにできる肌の凹凸のことをセルライトといいます。

皮下脂肪が老廃物を溜め込み大きくなり、リンパなどを圧迫して凸凹することでセルライトができます。

しかし一概に太っているときにセルライトができるわけではなく、痩せている人にもセルライトができることがあります。

また、セルライトがあると筋肉がつきにくい体にしたり、冷えやむくみの原因になるため痩せにくい体になっていきます。

一度できると自然に消えることはない

セルライトの恐ろしいのは一度できてしまうと自然と完全に消えることがないことです。

そのため、除去をしなければ段々と痩せにくい体になったり冷えやむくみの原因になってしまいます。

セルライトができる原因

セルライトができてしまう原因は何があるのでしょうか?セルライトにはいくつかの原因がありますが主には以下です。

  • 運動不足
  • 冷えやむくみ
  • 寝不足や不規則な生活
  • 加齢による老化

セルライトの原因① 運動不足

セルライトの原因の一つに運動不足があります。運動不足による血行不良によってセルライトができてしまいます。

デスクワークなどで運動不足に陥ることで血行の流れが悪くなりセルライトができやすい体になってしまいます。

セルライトの原因② 冷えやむくみ

冷えやむくみもセルライトの原因になります。運動不足と同じように、冷えやむくみも血行不良を起こします。そのためセルライトができやすくなります。

また、冷えやむくみは脂肪の燃焼を少なくするので脂肪をためやすくなりセルライトができやすくなります。

セルライトの原因③ 寝不足や不規則な生活

寝不足や3食をちゃんと食べないなどの不規則の生活をしているとセルライトができやすくなります。

不規則な生活は体の代謝を落とすため脂肪をためやすくなります。その脂肪が原因でセルライトができます。

セルライトの原因④ 加齢による老化

歳を取るごとに代謝は落ちていき脂肪をためやすくなります。脂肪が貯まるとセルライトはできやすくなります。

セルライトを除去すると痩せるの?効果を説明

セルライトを除去するとどのような効果があるのでしょうか。

  • 痩せやすくなる
  • 冷えやむくみの解消
  • 肌の凸凹がなくなる

痩せやすくなる

セルライトは脂肪が老廃物を溜め込んでリンパなどを圧迫してできるものです。そのセルライトが筋肉組織を圧迫することがあり、筋肉量の減少を引き起こすこともあります。

セルライトを除去することで筋肉量を減少させる原因を無くして、筋肉がつきやすくなります。

筋肉がつきやすくなると痩せやすい体を手に入れることができます。

冷えやむくみの解消

セルライトを除去することで冷えやむくみが改善されます。セルライトは血行不良によって起きることが多いです。

そのため、セルライトを除去することで血行不良の改善がされ冷えやむくみの解消がされるのです。

肌の凸凹がなくなる

セルライトを除去することで、凸凹だったセルライトのない体を手に入れられます。

セルライトがないことでより引き締まった体に見せることができます。

セルライトを自分で潰すのは危険?

セルライトを自分でマッサージして潰す人も多いですが実は自分で潰すのは危険です。

エステでセルライトを潰すなどをよく聞くと思いますが、実はセルライトを潰しているわけではありません。実は、美容機器をつかってセルライトを分解して老廃物として外に流しているのです。この老廃物を流すマッサージが強めのマッサージなのでセルライトを潰していると勘違いしている人が多いようです。

セルライトを潰すと起こることは以下のようになっています。

  • セルライトを増やす
  • 内出血してしまう

セルライトを増やす

セルライトを潰すと、セルライトが余計に増えてしまう原因になることもあります。

セルライトを強く圧迫することで、セルライトを作っていた脂肪が分裂して更に老廃物をためて新しいセルライトを作ってしまいます。

間違ったセルライトの潰し方をするとどんどんセルライトは増えてしまうのです。

内出血してしまう

セルライトを強く圧迫することで内出血をしてアザになる可能性もあります。

セルライトは脂肪が老廃物をため、リンパや毛細血管を圧迫してできるものです。そのため、セルライトを強く圧迫するとリンパや毛細血管に傷をつけてしまい内出血をする可能性があります。

セルライトを潰して内出血するとかなり痛いので絶対に自分ではやらないようにしましょう。

セルライトの正しい除去法はエステ

セルライトは一度できたら自然に完全に消えることはありません。今後セルライトを作りにくい体にすることはできますが、今あるセルライトを完全に無くすは除去する以外ではできないんですね。

そのため今あるセルライトをなくすためには除去しなくてはいけません。

セルライトを除去したいときは自分で処理をするのではなくエステにいくのがおすすめです。

エステはセルライトを除去してくれるだけではなく、血行の流れを良くしてくれるので冷えやむくみの解消にも役に立ちます。気になるセルライトがある場合には一度エステに行ってみましょう。

おすすめのセルライト除去エステは以下にまとめました。理想の体を手に入れたい人はチェックしておきましょう。

関連記事セルライト除去(潰す)でおすすめのエステ3選!料金や効果の評判・口コミ

セルライトを出来にくい体にするための対策

セルライトをできにくい体にするためには、普段の生活を見直すことが大事です。具体的には以下の3つを行うことでセルライトの出来にくい体を作ることができます。

  • ジョギングや散歩をする
  • お風呂で体を温める
  • 十分な睡眠を取る

ジョギングや散歩をする

有酸素運動をすることで脂肪が燃焼され、セルライトの原因となる皮下脂肪が少なくなります。

また、運動は血行の促進にも効果があるのでセルライトの出来にくい体を作ります

お風呂で体を温める

体を温めることで血行の流れは良くなります。体を温めることで代謝が上がりけっこうを良くします。そうなるとセルライトはできにくくなります。

お風呂以外にも温かい飲み物を飲んだりすると効果があります。

十分な睡眠を取る

不規則な生活は代謝を落とす原因になります。十分な睡眠を取ることで代謝は上がり太りにくい体になります。

脂肪ができにくい体を作ることでセルライトの作りにくい体にすることができます。

自宅でのセルフケアをする

セルライトは自宅でのセルフケアを続けることで予防することができます。機械を使ってセルライトをできないようにマッサージを続けることも非常に大事です。

セルライト潰しの自宅でのやり方は以下の記事にまとめているのでチェックしておきましょう。

関連記事セルライトを自宅で潰す方法!セルフケアをするなら器具・機械は必須!

セルライトは潰すと危険!正しく除去すれば痩せやすくなる!

セルライトは自分で潰すとセルライトが増えてしまったらいアザの原因となってしまいます。そうならないようにセルライトを除去したいときは必ずエステに行くようにしましょう。

また、今後セルライトを作りにくい体にすることもとても大事です。セルライトは普段の生活を少し改善するだけでかなり出来づらくなります。

運動や体を温めることを定期的に行うようにしましょう。